うっかり鍵を閉め忘れてしまったら!?対処法を覚えておきましょう

鍵屋キーレスキューサービス

全国の鍵のお困りに急行!

0120-201-545

電話受付は8:00~23:00まで

鍵屋キーレスキューサービス

うっかり鍵を閉め忘れてしまったら!?

ご依頼はフリーダイヤルにお電話を!

0120-201-545

  • 受け付け時間:8:00~23:00
  • 年中無休で現場に急行!

うっかり鍵を閉め忘れてしまったら!?対処法を覚えておきましょう

鍵を閉め忘れた!対処法は?

家や会社でしっかりと毎日戸締まりをするのは当たり前になっていますが、それでもうっかり忘れてしまう場合もあります。

特に家や会社から離れてしまい、後から「もしかしたら玄関の鍵をしていないかもしれない……」と気が付くかもしれません。
そのような時は、焦ってしまい早く確認しに行かなければという気持ちになるでしょう。

こちらでは鍵を閉め忘れた時どうしたら良いのか、対策用に利用しておくと便利なグッズなども一緒に紹介していきます。

鍵トラブルは鍵屋キーレスキューサービス

鍵を閉め忘れたと感じた時に確認すること

空き巣に入られた家

家や会社に戻って「やっぱり玄関やドアが開いたままだった……」という場合には、いくつか確認しなければいけないことがあります。
鍵を閉め忘れているということはもしかしたら別の人が出入りしている可能性もあるからです。

ここからはチェックしておくべきことを説明していきます。

大切なものがなくなっていないか

特に家の場合重要なのが貴重品ではないでしょうか。

金目のものが持ち出しやすい場所にあると、泥棒はどういったところに隠しているのかわかっていますので、簡単に取られてしまいます。

貴金属類だけでなく、通帳、カード、ハンコ、身分証明書なども確認しましょう。
お出かけのカバンに身分証明書が入っていれば良いですが、通帳やハンコと一緒にある場合、犯人が本人のふりをして定期預金を引き出す可能性もあります。

日ごろからも分けて置くようにすることや簡単に見つからない場所を選ぶようにしましょう。

万が一なくなっていた時には、警察にすぐ通報をします。
特にクレジットカードや通帳類などがなくなっている時には、不正利用を防ぐためにすぐカード会社や銀行に電話をして利用の停止をしてもらってください。

そのためにも日ごろからどの会社のカードを使っているのか、もし盗難に遭った時にはどこに電話をすると良いのかも把握しておきましょう。
メモ帳や手帳に記入するほか、スマホの電話帳にも入れておくと安心です。

女性の場合は、下着などの衣類が盗まれている可能性もありますので、普段入れている場所に入っているのかもチェックしましょう。

身に覚えがないものが置かれてないか

鍵の閉め忘れというと、なんとなく泥棒に何か盗まれるイメージを持っている方も多いでしょう。
このご時世、盗難だけとは限らず、貴重品などはそのままに身に覚えのないものが部屋に置いてあるということもあります。

あなたに興味を持っている異性などがもしかしたらストーカー的な気持ちで置いていったかもしれないですし、ほかの目的で別の方が置いていったかもしれません。
盗まれたものだけでなく、今までなかったものが置かれていれば誰かが入ったと思って良いでしょう。

そしてむやみやたらに触らずに、セキュリティ会社や探偵会社に頼み、盗聴器や盗撮カメラがあるかもしれない旨を伝えて相談するのが良いです。
もし盗聴器などが見つかった際、これは犯罪になりますので、警察にも被害に遭ったと届けを出すようにしてください。

不安なら思い切って鍵を変えよう

正直何もなくても、なんだか不気味だと感じてしまう場合もあるでしょう。
朝から夜中の終電くらいまで鍵を閉め忘れている時や酷い場合何日も実家や旅行に行っていて部屋を空けてしまった場合、何もなくてもなんとなく不安だと感じてしまうかもしれません。
そのような心配を抱えながらこの先ずっと過ごすよりも、思い切って鍵を変えてしまったほうがいい場合もあります。

合鍵を作っていて部屋に保管していた場合には、なくなっていないかも確認して、万が一見つからない場合は早急に変えましょう。
誰かが合鍵を持っていて、今後も不在時に入ってきてしまうかもしれません。
今の時代は合鍵そのものがなくても、鍵の番号がわかればネットで簡単に合鍵作れるような世の中です。合鍵が保管している場所にあるからといって、絶対に大丈夫とは言い切れないため、替えてしまったほうが安全な場合もあります。

玄関のドアスコープレンズもあるか見てみよう

ドアスコープレンズ

大抵の玄関にはドアスコープレンズがあり、その覗き穴から誰かが訪ねてきた時わかるようになっています。
このドアスコープが取り外されていないかもしっかりと確認をし、もしない場合は危険なのですぐに取り外しに強いドアスコープに交換するなど、必ず工夫をして直すようにしましょう。
そのままにしておくと、不在の時に犯人がドアスコープを使ってサムターン回しで侵入してくる可能性があります。

犯人にもプロがいて簡単に玄関を開けて入ってくる者もいますので、サムターンガードも一緒に取り付けておくと安心です。

対策をしっかりと行っておくことで、今後の安心感にもつながります。鍵を閉め忘れても、まさか玄関のドアスコープまで外されていると予想できる方は少ないでしょう。万が一開けたままにしていた時には、玄関のドアもしっかりとチェックしてください。

もし被害に遭っていたらどうしたら良いのか

届

もし家や会社に戻ってみて、明らかに被害に遭っているとわかった場合、早く警察に連絡をしましょう。

盗難届、また盗聴器を付けられている場合には被害届を出します。あまり大ごとにしたくないと考えてしまう方もいるかもしれませんが、そのままにしてしまうと損害保険に入っている場合など申請できなくなってしまいます。

何より大人しくしていると犯人から見ても、また盗んでも大事にしない人だと思われてしまう可能性もあるのです。
よく訪問販売などでもターゲットになる家は同じようなことをしている者同士情報共有していますが、同様に「ここの家は盗みやすい」という情報が流れてしまう可能性もあります。

警察までは……と思わず、どんな経緯で何を盗まれたのか思い切って話した方がいいでしょう。

怖いと感じたら引越しも検討しましょう

引っ越し

特に盗聴被害に遭ってしまった場合、自分には身に覚えがなくても狙われている可能性があります。

鍵をたまたま閉め忘れたというだけでなく、もしかしたら日頃から狙っていたのかもしれません。
そのまま住み続けてしまうと、さらにストーカーなどの被害に遭ってしまうケースもないわけではありません。

家に帰宅するたびに恐怖を感じてしまった時やこのまま住み続けるのが不安だと感じてしまった時には引越しも視野に入れてみましょう。

会社の鍵を閉め忘れたと気が付いた時には

会社となると自分だけの問題ではなくなり、そのまま黙っていると被害が大きくなってしまう可能性があります。
気が付いた時点で上司に報告してください。

部外者が侵入したら、顧客などの大切な個人情報が簡単に流出してしまうかもしれません。
大事になる前に手を打っておかなければならないので、気が付いたらすぐに報告をしましょう。

鍵を閉め忘れること自体は良くないことですが、それでも早めに報告して被害を未然に防ぐことが大事です。

会社に戻って盗まれたものがないか確認

家の時と同様にまず盗まれているものがないか、会社のフロアをしっかりと確認します。

金庫周辺や重要書類、お金に関するものなどがある箇所は、しっかりと隈なくチェックしましょう。

何もなくなっているものがなければ良いのですが、万が一金庫のお金がないなどと気が付いた時には、すぐ警察へ被害届を出しましょう。

そしてもう1つ会社では必ずチェックしなければならないものがあります。
それは個人情報などの情報が盗まれていないかのチェックです。
金庫などは無事でももしかしたら個人情報などの情報が漏洩している可能性があります。
特に個人情報を多数取り扱っている会社では、大多数の人に迷惑をかけてしまいます。
そうなってしまっては本当に大変で、取り返しのつかない事態となってしまうのです。

電子データはすべて揃っていて、サーバーに不正なアクセスがなかったのかなど、しっかりとチェックしましょう。
個人情報を扱っている会社では簡単に盗んで見られないようになっているものですが、それでも犯人はどのように狙ってきているかわかりませんので気を付けましょう。

鍵を閉め忘れないよう日頃から対策をしましょう

ここまで見てきても、鍵を閉め忘れてしまうとさまざまなリスクがあることがわかります。
だからこそ鍵の閉め忘れはあってはならないことですが、人間は完璧ではないのでどうしても忘れてしまう場合もあります。

万が一忘れてしまっても対策を考えておくと、気が付いた時点でどうにかなることもあります。
自分が鍵を閉め忘れても自動で鍵がかかるようなものもありますし、「あれ?鍵かけたかな?」と思った時外出先ですぐに調べる方法もあるのです。
さまざまなグッズを上手に活用して、鍵の閉め忘れを防止しましょう。

うっかりには自動施錠付きの鍵が良い

何か別のことを考えながら、流れ作業のように玄関やドアを閉めてしまうと、やったつもりでしっかりと鍵がかかっていないこともあります。忙しい時などは特に、うっかり鍵のことを忘れて外出してしまうという場合もあるかもしれません。

万が一そんな場合でも、自動施錠付きの鍵の場合は自分が出ると同時に鍵が閉まります。
もし鍵のことを忘れて外出時に「あれ?」と不安になってしまっても、必ず鍵はかかっているので安心です。
特に個人情報を取り扱っている会社では、ドアの一つひとつをこの自動施錠付きにしている場合も多いです。

スマートフォンも活用できる

スマホ

最近ではスマートロックというものも普及していて、スマートフォンから施錠、開錠ができる鍵もあります。

家を出たあとでも、スマートフォンで確認をして施錠などの操作ができます。
いちいち家や会社まで戻る必要もないですし、気が付いた時に簡単に操作できるため最近利用している会社も増えているのです。
社内でも社外でもスマートフォンがあればすぐにできますし、ポケットなどに入れて持ち歩いている方も多いです。

鍵を閉めたことがわかるキーもある

最近の鍵も工夫してあり、特に施錠すると鍵の持ち手部分の表示されている色が変わるようなグッズもあります。

鍵の持ち手を見れば、しっかりと施錠できたのかまだしてないのかわかるので便利です。
急に外出先で不安になっても、鍵の持ち手を見れば何色になっているかでわかります。
もしかしたら…と感じても鍵を施錠した色になっていたら、不安もなくなります。
習慣化したら、この鍵が便利で手放せなくなるかもしれません。

入退室記録も残しておくと意識が高まる

入退室をいつ誰が行ったのかわかるようにしておくと、たとえば仕事が終わり最後に出る人が鍵をすると決まっているなら、誰が担当だったのかわかります。
曖昧になっていると、勘違いなどから誰も鍵をせずに夜を過ごしてしまうということにもなりかねません。
逆に誰が最後に出たのかわかるシステムになっていることが従業員もわかっていると、緊張感を持ちますので、鍵の閉め忘れも防げるでしょう。

万が一鍵が開いたままになっていた日にも、誰が犯人なのかと一から調べなくても良くなります。
少しの工夫で会社全体としても、防犯の意識が高まるでしょう。

閉め忘れを防止できるドアセンサーもある

センサーもそこまで大きいものではなく、ドアに取り付けやすいものもあります。

ドアが開くたびに状態がわかり、Wi-Fi経由でスマートフォンから気になった時にチェックできます。

ドアが開いたらすぐに教えてくれるので、鍵がかかっていないこともスマートフォンからわかるのです。
こちらはガレージのドアなどにも取りけられるので、閉め忘れだけでなく、セキュリティの強化にもなり安心です。

鍵を閉め忘れてもしっかりと対処しましょう

人間は完璧ではないので、どうしても鍵を閉め忘れてしまうこともあるでしょう。
そういったことがあったとしても、まずは焦らず家の中や会社の中を一度確認してください。
普段から忘れやすいという方は最新のグッズを活用することで閉め忘れを防げますので、ぜひ活用してみましょう。

鍵トラブルならキーレスキューサービス

鍵屋キーレスキュースタッフが解決した作業内容ブログ
タップで今すぐ電話