スーツケースの鍵が開かない場合の対処法

鍵屋キーレスキューサービス

全国の鍵のお困りに急行!

0120-201-545

電話受付は8:00~23:00まで

鍵屋キーレスキューサービス

鍵のトラブルキーレスキューが解決

ご依頼はフリーダイヤルにお電話を!

0120-201-545

  • 受け付け時間:8:00~23:00
  • 年中無休で現場に急行!

スーツケースの鍵が開かない場合の対処法

スーツケースの鍵が開かない

楽しい旅行中にスーツケースを開けようとしてもなぜか開かない…。このような状況はかなり困ってしまいますよね。

鍵をなくした、TSAロックがどうしても開かないというトラブルの時にどう対処したら良いのかをこちらの記事で説明していきます。
いざという時の知識として覚えておいても安心です。

鍵トラブルは鍵屋キーレスキューサービス

スーツケースの解錠・施錠方法

スーツケースの施錠解錠方法

まずはスーツケースの解錠・施錠方法をみていきましょう。

何回も利用している内に手順も覚えられますが、たまにしか利用しない方は解錠しようと思ってもなかなか開かなくて焦ってしまうかもしれません。

購入したばかりの時には説明書なども読み、手順を覚えてゆっくりとやってみましょう。

ここからブランドごとの解錠方法をいくつか紹介していきます。

サムソナイト
サムソナイトのコスモライトを紹介していきます。
まず鍵を閉める時には「000」など決めておいた数字でロックをして、しっかり覚えておきます。ダイヤルを別の並びになるように回すと施錠されます。
開けたい時には、番号を元の「000」など設定した数字に戻し、レバーをスライドしましょう。
リモワ
リモワの開け方は、エッセンシャルライトの鍵の使い方を例に、どのようにすれば良いのか紹介します。
まずジッパーの引き手をダイヤルの横にある穴に差し込み、ここでもロックをかけます。
その後設定した番号ではない任意の並びにダイヤルを回すと鍵がかかり完了です。
開けたい時には設定していた番号にダイヤルを合わせ、解錠レバーを回せば外れます。
プロテカ
プロテカの鍵をかけたいという時には決めた数字でまずロックをし、その後適当な数字にかえると鍵がかかります。
外したい時には、元々決めていた番号に戻してから、レバーをスライドすると中身を取り出せます。
どれもやり方は似ているので、ゆっくりと順番に開け閉めしてみましょう。

状況に応じた対処法

対処法

鍵が万が一開かない・紛失してしまったという時に、どんなスーツケースのタイプを使用しているかでも開けられる方法は変わります。

中にはボールペンなどで簡単に開けられるタイプもありますので、いざという時のために対処法を覚えておくと安心です。

ジッパータイプの場合

どのようなスーツケースを使っているかにもよりますが、ジッパータイプであれば簡単にボールペンで開けられます。

ダイヤルロックなどがかかっていても、そこは触らずにジッパーにボールペンを差して動かしていき開けるだけです。

しっかりと食い込むように、ジッパーのつなぎ目にグイッと入れ込むのがポイントです。

スーツケースの鍵を紛失した場合

まずは本当にないのかもう一度隅々まで探し、それでもみつからない時には業者を利用することも考えましょう。

時間に余裕があればメーカーなどで鍵を購入し、スペアキーを取り寄せることも可能です。

全く余裕がない時には鍵屋に電話をしましょう。すぐにホテルや今いる場所まで出張して開けることができるので手っ取り早いです。

では、スーツケースの鍵を紛失した場合の対処法をいくつかみていきましょう。

メーカーで鍵を購入
少し時間はかかってしまいますが、メーカーに依頼するので間違った鍵が来ることもないですし、スペアキーであれば値段もそこまで高くはありません。
日数などに余裕がある場合は、この方法がおすすめです。
番号を聞かれた時にはスーツケース本体にも記載されていますので、そのまま伝えれば問題ありません。
直営店まで行けそうな時には電話をしたうえで行き、スペアキーを作ってもらうことも可能です。
ボールペンや安全ピンを使用する
ジッパーの場合はボールペンを力強く入れたら問題なく開けることができますが、鍵の場合は難しいです。
もしかしたら先端が尖っているので、ボールペンや安全ピンを入れ動かしている内に外れるということもあります。しかし何も知識がないまま、ただ闇雲に動かしていては鍵の穴だけが壊れて開かないということがほとんどです。
スーツケースベルトやラッピングでしのぐ
どうしようもなく壊して開けた場合、開いた状態のまま帰宅するのは困難ですよね。
その場合は鍵をかけることができないので、スーツケースベルトやラッピングをしてしのぐ方法があります。
スーツケースベルトで抑えるよりも、全てをグルグル巻きにラッピングした方がより安心です。ラッピングサービスは空港内で出来る場合が多いです。

ダイヤル式の場合

元々の番号を忘れてしまうと、ダイヤル式の場合は開けることができず困ってしまいます。

番号そのものを忘れてしまったのか、正しいはずの番号で開けられないのかでも、ロックを解除する方法が異なります。

番号を忘れた時のロック解除方法
解錠するための暗証番号を忘れたという時には、1列ずつ落ち着いて数字を動かしてみましょう。
もし3桁の場合は000から999まで試していくと、その内どれかの数字で開くことになります。
話だけ聞くと面倒に感じますが、3桁なら思ったより時間がかからないので試してみましょう。
正しいはずの番号で開かない時は
正しいはずの番号で開かないということも考えられますが、この場合は設定する過程で、いつのまにか自分でも気付いていないところで変更してしまっている場合がほとんどです。
もしかしたら1つの番号だけが偶然動いてしまったなどの可能性があるので、正しいはずの番号に近い番号で開かないか試してみましょう。

鍵を壊す

あまりおすすめはできませんが壊すという方法もあります。

壊し方としては、バールなどの工具を使って鍵近くの隙間に先を入れこんで、テコの原理でこじ開けます。

穴にハサミやマイナスドライバーを入れて、開く方向にとにかくグルグルと回してみるという方法もあります。

空港でスーツケースの鍵が開かない時

空港でスーツケースが開かない

空港でスーツケースの鍵が開かなくなった場合は、リペアショップに駆け込みましょう
日本の空港であればどこにでもありますし、海外でも探せばある可能性が高いです。

他にもキャスター取り替えやスーツケースに油差しを行えるところも多いです。
多少料金がかかっても、どうにかできる可能性が高いので相談してみましょう。

余裕があればリペアショップや鍵屋

スーツケースも壊さなくて済む可能性が高いので、時間があれば空港内のリペアショップか鍵屋に依頼するようにしましょう。

開けるだけでなく、もう一つスペアとして作成することにも対応しています。
スペアがあればそのままスーツケースを使用できますので、自分で壊してしまうよりも安心です。

帰る時の鍵トラブルは宅配がおすすめ

出張や旅行先に行って用事なども終わり帰宅する際に鍵がないという時には、そのまま無理に開けようとしないことも一つの方法です。

予備や暗証番号を書いたものがあればいずれ自宅に帰ったら開けられるので、そのまま空港から自宅へ配送しましょう。
宅配料金のみで済みますし、スーツケースを無理に壊さなくて済みます。

壊した場合は買い替えや鍵付きベルト

もしどうしようもなくて壊してしまった時には、そのままで帰宅するわけにはいかないので対策をとるようにしましょう。

スーツケースを丸ごと買い替えるという方法もありますし、ベルトがありますのでそれを付けて一時しのぎすることも可能です。

ベルトの購入も空港内や通販などで買えますので、困った時は探してみましょう。

空港で鍵が壊された場合の保険

アメリカの空港の場合は、空港内での鍵の破損について航空会社が補償をするということは難しい場合が多いようですが、海外旅行保険で補償対象となることが多いので、空港でしっかりと手続きを行いましょう。

航空会社のカウンターで破損証明書をもらいます。この際に購入日や購入金額を聞かれますので把握しておくと安心です。

早めに保険会社にも電話をして、事情をしっかりと話すようにしましょう。

ホテルでスーツケースの鍵が開かないとき

ホテルでスーツケースが開かない

ホテルに戻り、やっとリラックスしようと思った時に、スーツケースが開かないこともあるでしょう。

何回探しても見つからない、ロックがどうしても開けられないという時にはどうしたら良いのでしょうか。

対処方法を考えていきましょう。

時間に余裕があれば鍵屋を呼ぶ

ホテルで少しゆっくりしようと考えている時間であれば、余裕がある方も多いのではないでしょうか。
時間に融通が利き余裕があるのであれば、専門業者を呼んでプロの技術で開けることが一番です。

現地まで出張できますし、即日の対応も可能なので安心です。

呼ぶ際には、スーツケースのメーカーや依頼する作業内容などをしっかりと伝えましょう。

業者に開錠を依頼した場合の費用相場

依頼したらどのくらい費用がかかるのかというのは不安なところではないでしょうか。
相場としてはだいたい8,000円~10,000円くらいになります。

到着してからの作業も早く、10分程度で完了する場合も少なくありません。

周辺をスタッフが巡回していますので時間もかけずにホテルまで駆けつけることもでき、電話1本で依頼できるので安心です。

出張無料のキーレスキューサービスがおすすめ

どの鍵屋に頼んだら良いのか迷った時には、キーレスキューサービスにご連絡ください。

対応エリア内でしたら全国どこでも駆けつけますので、国内の出張や旅行の時にもお役に立てます。
しかも空港でもホテルでも出張料0円でお伺いし、見積もりの料金もかかりません。

経験豊富なスタッフが対応いたしますので、スーツケースの状態を見て丁寧かつ迅速に対応いたします。
見積もり以降の追加料金もございませんし、現金が手元にない場合でもクレジットカードでの支払いが可能です。

年中無休で現地まで出張いたしますので安心してご利用ください。

鍵トラブルならキーレスキューサービス

鍵屋キーレスキュースタッフが解決した作業内容ブログ
タップで今すぐ電話