空き巣の「マーキング」は何のため?意味を理解して対策を行おう!

空き巣の「マーキング」は何のため?意味を理解して対策を行おう!

ご依頼はフリーダイヤルにお電話を!

0120-201-545

  • 受け付け時間 8:00~23:00
  • 年中無休で現場に急行!
main_tell

空き巣の「マーキング」は何のため?意味を理解して対策を行おう!

更新日:2024/02/15

家は私たちの憩いの場であり、大切な思い出や財産が詰まっています。

空き巣のような突然の侵入者によって、日常の平穏が壊されることは誰しもが恐れることでしょう。

こうした状況を未然に防ぐためには、空き巣の前兆を見逃さないことが肝心です。

空き巣は慎重に狙った家を見極めます。その一環として、彼らは「マーキング」と呼ばれる手法を用います。マーキングは、侵入に役立つ情報をサインや符号として残す行為であり、犯罪者の秘密の言語です。

自宅の周りに奇妙な落書きが増えた、最近ゴミが家の周りに落ちている、といったことはありませんか?

このコラムでは、我々が知っておくべき「空き巣のマーキング」についてよく知られていることを解説します。ぜひ効果的な防犯対策に役立てて下さい。

空き巣が用いるマーキングとは?

空き巣が用いる「マーキング」とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

マーキングは犯罪の準備行動と言えるにも関わらず、その具体的な内容や目的については一般的にはあまり知られていません。ここで、この隠れた手口の一端に迫り、その意図について考えてみましょう。

マーキング=空き巣に入られる前兆

マーキングが残されたということは、言わば空き巣の前兆と言えるでしょう。犯罪者は慎重に、無害そうなアイテムやシンボルを利用して、標的となる家に印をつけます。

要するにこれは一種の偵察行動で、空き巣にとって標的にした家に関する「メモ」のようなものなのです。空き巣の多くは何度か下見を行いますが、あまり頻繁でも疑われてしまいます。どこが侵入しやすそうだったか、どの家が逃げやすそうか、といったことについて家の住人にはわからないように情報が公開されている、と考えると良いでしょう。

ですから、マーキングが見つかったらすぐにでも防犯対策に関して直しや点検をする必要があると言えます。

マーキングを行う理由

なぜ空き巣はマーキングという手法を用いるのでしょうか?その理由は複数ありますが、主なものは次の通りです。

標的選びの効率化

空き巣は、時間とリソースを最小限に抑えながら成功率を高めるため、マーキングによって狙った家の詳細をメモし、このメモをもとに侵入対象を選定します。

さすがに空き巣も偵察した全ての物件について記憶しているわけではないのでしょう。二度、三度と繰り返し訪れなくても良いように住人の生活スタイルやプライバシーに関わるようなことをわからないように記録し、手間を省いているのです。

逃走経路の確保

マーキングは、逃走経路や隠れる場所を事前にマークすることにも使われ、犯行後の逃走に役立てられることもあります。戸建ての家では死角になりやすい場所というものがあるものです。犯人からしてみれば重要な情報です。

逆にあまり死角のない集合住宅ですが、慣れている建物でないと廊下をどちらに進むべきか、わからなくなることもあります。また、建物によっては管理人などが定期的に巡回していることもありますから、そういった情報が記録されている可能性もあります。

以上の理由から、マーキングは空き巣にとって重要な情報源であることがわかるかと思います。もしマーキングを見つけてしまった場合は、迅速に適切な対策を講じる必要があります。

マーキングの種類と意味

空き巣が用いる「マーキング」には、様々な種類が存在し、それぞれ異なる意味が込められています。ここでは、いくつかの代表的なマーキングの種類とその意味について考えてみましょう。

落書きや印のように見える文字やシンボル

まず最もわかりやすいのが文字によるマーキングです。

アルファベット一文字だったり、漢字一文字、或いはこれらの組み合わせであることも多く、推測が簡単なものはインターネットなどで周知されてきました。

その例が下記のようなものです。

マーキング意味
M男性
W女性
S独身
F家族
ル・R留守
学生
赤ん坊がいる
SS土日休み
黒いシール家族、男性、侵入が厳しい
白いシール独身、女性、侵入が容易
可能性あり
×ダメ
もう一息

これらの数字やアルファベットは周辺の状況や情報を示すものが多く、空き巣が集団である場合は仲間同士のコミュニケーションや指示の一環として用いられることもあります。

一部の訪問販売員がマーキングをすることもある

中には、空き巣犯ではなく、訪問販売員などが営業活動の一環としてマーキングをすることもあります。

彼らは訪問記録などをメモするためにマーキングを行うことがありますが、断りもなく他人の家に印などをつけたりする行為は器物損壊罪に該当することがあります。

シールやテープによるマーキング

一部の空き巣は、シールやテープなどを使ってマーキングを行います。ガスメーターなどに貼ってあると、元から貼ってあるもののように見えたりもしますので、住人に気づかれないというメリットがあります。

タバコやペットボトルを使用したマーキング

タバコの吸い殻やペットボトルをマーキングに利用するケースもあります。これらのアイテムは、住人が住宅近辺のことにどれだけ関心があるか、試すために残されたり、単に不在かどうかを確認するために残されることもあります。

これらの異なるマーキングの種類には、それぞれ独自の意味と目的が込められています。住宅のセキュリティを高めるためには、これらのマーキングに注意を払い、適切な対策を講じることが重要です。

空き巣にマーキングされやすい場所

マーキングは空き巣にとって有益な情報である一方で、住人によって消されてしまっては元も子もありません。空き巣としては地域の巡回中に、怪しまれずに確認できる場所にあるのが理想です。このため、マーキングは特定の場所に残っていることが多いとされています。

ここでは、空き巣にマーキングされやすい場所とその理由について考えてみましょう。

郵便ポスト

郵便ポストは、戸建ての場合多くが家の外側に設置されているため、空き巣にとっては確認しやすいターゲットです。新聞配達や、郵便配達員などを装って覗くことができますし、郵便物が溜まっているかどうかも確認することができ、一石二鳥です。

ポストの場合は金属製のものが多いため、マーキングだとわかりにくくすることも兼ねてをつけてあることもあります。

玄関ドア、表札、インターホン

玄関周りも空き巣にとって重要な情報源です。特に集合住宅はマーキングを残す場所が限られるため、必然的に玄関周りに残される確率が高いと言えます。

戸建てでも表札やインターホンは門や塀の外側に設置されているため、空き巣にとっては確認しやすい場所と言えます。特に玄関周りには侵入経路や弱点を示すマーキングがされることがあります。

ガスメーター、電気メーター

ガスメーターや電気メーターは、外部からも容易にアクセスできるため、空き巣にとっても利用しやすい場所と言えます。こうしたメーター類にマーキングが見られる場合、メーターの動きから不在かどうかを見られている可能性が考えられます。

これらの場所は不審なマーキングが残されることが多い場所として知られていますから、定期的にチェックし、不審な印がないか確認することが大切と言えるでしょう。

マーキング以外の注意すべき前兆

空き巣の危険を察知するためには、マーキングだけでなく、他にも注意すべき前兆が存在します。ここでは、マーキング以外の前兆について考えてみましょう。

見知らぬ人やタバコの吸い殻には注意

近隣に見知らぬ人が頻繁に現れる場合や、家の周囲に不審なタバコの吸い殻が散らばっている場合、空き巣が周辺を偵察し、ターゲットの生活パターンを把握しようとしている証拠かもしれません。

特にタバコの吸殻はわざと残されている可能性もあります。

すぐに吸い殻が片付けられていなければ、住人が不在だということを示してしまうこともあるでしょうし、防犯意識が低いと判断されてしまう可能性もあります。

明らかに地域のものではない車に乗った人がよく現れるようになった、など、日常とは違う様子が見られたときは近所に情報を共有することも大事です。

窓ガラスに石を投げる、インターホンを鳴らすことで留守の確認

空き巣は留守を確認するために、窓ガラスにわざと石を投げたり、インターホンを鳴らすことがあります。これは、特定の時間帯に住人が家にいるかどうかを探る試みです。

突然の窓ガラスの音や、インターホンの呼び出しに注意し、下手に不在であるように装ったりしないようにしましょう。

これらの前兆は、マーキング以外の方法で空き巣が狙う家の不在時間を特定しようとする試みを示しています。日常生活の中でこれらの兆候に注意を払い、不審な出来事や人物がいないか常にチェックすることで、セキュリティを強化することができます。また、防犯対策をしっかりと講じて、自宅と家族を守る意識を持つことも大切です。

マーキングを見つけたときの対処法

マーキングを発見した場合、どのように対処すべきでしょうか?冷静な判断と迅速な行動が求められます。以下では、マーキングを見つけたときの対処法について考えてみましょう。

マーキングは写真を撮ってすぐに消す

マーキングを発見したら、まずは写真を撮影して記録しておきましょう。これにより、状況の証拠を残すことができます。しかし、その後すぐにマーキングを消去することが重要です。

マーキングを放置することで、空き巣にとっては家が標的とされていることを示すものとなり、リスクが高まる可能性があります。

マーキングをすぐに消すべき2つの理由

マーキングを見つけたら、迅速に消す理由は次の2つです。

空き巣の興味を薄める

マーキングが消されていると、空き巣にとっては標的が難易度の高いものとなります。空き巣の興味を失わせるためにも、マーキングを見つけ次第、速やかに消去することが重要です。

防犯効果を高める

マーキングが他の空き巣によって後に見られることを防ぐという意味でも、早めに消去することは防犯対策の一環と言えます。周囲の住人や警察に注意喚起するため、マーキングの情報を共有するのも効果的かもしれません。

マーキングを見つけた際には、これらの対処法を順守して、自宅のセキュリティを確保しましょう。また、定期的な防犯対策の見直しや、地域の防犯活動への参加も検討することで、より安全な環境を築くことができます。

今すぐできるものも!やっておきたい空き巣対策

自宅のセキュリティを強化するために、今すぐ実行できる対策があります。以下では、簡単に実践できる空き巣対策について考えてみましょう。

玄関に傷がつけられていた場合は補修する

玄関に傷や損傷があると、空き巣にとっては侵入しやすい目印となります。傷を発見した場合は、すぐに補修することでセキュリティを向上させましょう。玄関の強度を保つことは、犯罪者の侵入を阻止する重要な要素です。

留守に見せない

留守に見せない工夫も大切です。タイマーを使用して照明を自動的に点灯させたり、ラジオやテレビの音を鳴らしたりすることで、家に人がいるように見せることができます。

空き巣にとっては、人の存在が不正侵入を阻止する障壁となるため、留守に見せない工夫は有効です。

防犯グッズを活用しよう

セキュリティ対策には、防犯グッズの活用も一つの方法です。センサーライトや防犯カメラを設置することで、不審者が近づいた際に警告を発することができます。また、窓やドアにセキュリティフィルムを貼ることで、ガラスの焼き破りを難しくすることができます。

防犯性の高い鍵に交換しよう

家の鍵は最初の防犯ラインです。防犯性の高い鍵に交換することで、不正侵入のリスクを減少させることができます。また、ドアの補助錠や窓の施錠も忘れずに行いましょう。

SNSの投稿には気をつける

SNSで「◯月◯日から旅行へ行く」といった具体的な投稿をしてしまうと、不用意に住人の不在を不特定多数の人々に公開していることになります。

家の留守を公表することは、空き巣のターゲットにされる可能性を高めます。また、旅行中や外出中の写真や投稿は、家に誰もいないということを拡散していることになります。

投稿内容に注意し、家の安全を守るために情報を適切に管理しましょう。

防犯対策のための鍵交換や新規取付はキーレスキューサービスへ

自宅の防犯性能を向上させるために、鍵交換や新規の取り付けを検討する際には、ぜひ鍵屋にご相談下さい。

鍵交換や新規取り付けには、正確な技術と専門知識が必要です。鍵屋キーレスキューサービスのスタッフは、最新のセキュリティトレンドにも詳しく、お客様のご要望やご住居に最適な解決案を提案します。

さらに、キーレスキューサービスでは迅速な対応が可能。緊急時には、鍵のトラブルやセキュリティの問題を即日解決します。お電話も、夜23時まで受付けております。どんな些細なお悩みでも、気軽にご相談下さい。

Copyright©鍵開けや鍵交換、鍵紛失トラブルなら鍵屋キーレスキューサービスへ,All rights Reserved.

topへ戻る

タップで今すぐ電話する キーレスキューサービスのサービスを確認する