鍵開け!開かないときにプロが行う開錠と空き巣が行う開錠

鍵屋キーレスキューサービス

全国の鍵のお困りに急行!

0120-201-545

電話受付は8:00~23:00まで

鍵屋キーレスキューサービス

鍵のトラブルキーレスキューが解決

ご依頼はフリーダイヤルにお電話を!

0120-201-545

  • 受け付け時間 8:00~23:00
  • 年中無休で現場に急行!

鍵開け!開かないときにプロが行う開錠と空き巣が行う開錠

空き巣が行う開錠とプロが行う開錠

鍵を長い年月使用していた、あるいは、何か不具合が生じたときなど鍵が開かなくなってしまうトラブルは意外とよくあるものです。
鍵のプロである鍵屋はどのように開けるのでしょうか。

今回は、鍵開けのプロが行う鍵の開け方や、空き巣が行う鍵開けの手口、空き巣犯に狙われないような防犯措置などをご紹介します。

鍵トラブルは鍵屋キーレスキューサービス

鍵屋が行う鍵開け方法の種類

鍵屋がどのような方法を使って開けることになるのかを確認してみましょう。

解錠と開錠の違い

まずは、用語の違いについてご紹介します。「解錠」と「開錠」、どちらも「かいじょう」と読みますが、意味は若干異なります。

「解錠」というのは鍵を壊さずに扉を開けるというような意味合いになります。
具体的には、鍵屋が持っているような特殊工具や技術を利用して、ピッキングなどの方法で鍵を壊さずに開けることを指します。鍵を壊さないので、解錠したあとにもそのまま利用することができるというのは大きなポイントになってくるでしょう。

一方で、「開錠」というのは、鍵を壊して開けることを指しています。
特殊な工具などで破壊する場合も含まれているのです。

このように、同じ読み方であっても、その行為には違いがありますので、覚えておくと良いでしょう。

鍵を壊して開ける状況とは

開錠(鍵を壊して開ける)を選択する状況について紹介します。

鍵が故障してしまっている
鍵が壊れてしまっている場合も、破壊して開けなければならない可能性があります。軽微な故障であれば、必要ない可能性もありますが、重度の場合には、壊すしかないことも多いでしょう。
鍵が開かないけど、交換をするつもり
鍵が開かなくなってしまった場合、いっそのこと防犯性の高い鍵に交換したいと思うこともあるでしょう。
開けたあと交換を希望の場合は、ピッキングなどで開けるよりも壊して開けた方が手早く作業できるので、破錠を選択する場合もあります。

交換する鍵は選べるのか

業者に依頼して、鍵を開けてもらった場合に気になるのが、交換の場合に鍵を選ぶことができるかという部分です。
この点については心配する必要はなく、用意できる種類の範囲内ですが、選択肢は用意されています。
希望や予算、住まいとの相性を踏まえたうえで、最適な鍵について提案することが可能です。

鍵屋というのは、常にたくさんの鍵を持ち合わせていますので、出張先でお客様の要望に応じた鍵を付け替えることができます(一部取り寄せになるような鍵の種類もあります)。

空き巣の手口について

ここでは、空き巣がどうやって住まいの鍵を突破するのかを確認します。
あまり考えたくない状況かもしれませんが、空き巣の観点から確認することによって、鍵や防犯に関する知識が深まるのは間違いないでしょう。

ピッキング

ピッキングは、解錠用の特殊工具を利用することによって開ける手法です。

ディスクシリンダーという鍵の種類が狙われやすい傾向にあり、そういった商品を利用している家庭が、かなり多く被害に遭ってしまいました。

さらに、東京都内においては、不法滞在の外国人がこういったピッキングを使って、空き巣の犯罪をしてしまうケースが増えてきたのです。

最近の鍵については、耐ピッキング性能が非常に高いものが出回っているので、昔ほどリスクは高くはありません。

サムターン回し

サムターン回しは、ピッキングの次に流行った空き巣の手口だと言えるでしょう。
この方法は、ドアに穴を開けたり、ドアスコープなどの穴を利用したりして、特殊工具などを使い、サムターン(内側のつまみ)を回して開けてしまうという手口になっています。

サムターンを回すためにはさまざまなものが使われて、年々、新しい手口が増えているのです。この部分は、鍵メーカーと空き巣との知恵比べとも言えるでしょう。
どんなに堅牢な鍵であっても、サムターンが付いている限り、それを回されてしまってはひとたまりもありません。

バンピング

バンピングは、サムターン回しやピッキングに代わって台頭してきた空き巣の手口です。
バンピングする際には、バンプキーというものが必要になり、バンプキーを鍵穴に挿し込み、衝撃を与えることによって、鍵が解錠されてしまいます。

さらに、この方法には空き巣にとって大きなメリットがあって、衝撃を使って開けるにもかかわらず、形跡がほとんど残らないという利点があるのです。

バンプキーというのは、それぞれの鍵メーカーの商品に対応したものが作成されていて、対応したものでなければバンピングに使うことはできません。
ですので、戸建てなどで犯罪に使われるケースは少ないですが、マンションやアパートなどの集合住宅などでは注意が必要になります。

できる防犯対策

空き巣の手口をお伝えしました。では、どうやればそのような被害に極力遭わないようにできるのかを紹介していきます。

ピッキング対策

空き巣で最も有名なピッキングの対策になります。

防犯性の高い鍵に交換する
ピッキングの対策としては、最新の鍵に交換することが、重要な対策となります。
最近の鍵は耐ピッキング性能が非常に高いものが多いので、それだけでもかなり防犯力は向上します。中でもより防犯性の高い代表的な鍵のタイプがディンプルキーです。
ディンプルキーは、構造が複雑になっていて、従来のピッキング工具では対応できないことが多くなっています。
さらに、物理的にピッキングできない構造にしてしまうのも方法のひとつで、たとえば、暗証番号やリモコンなどの電子錠を設置することにより鍵穴が存在しないのでピッキングすることができないため、このような被害は防ぐことができます。
ワンドアツーロック
鍵の数を増やすというのも防犯対策としては重要です。
ワンドアツーロックと呼ばれる対策で、これは、二重鍵(ダブルロック)とも呼ばれていて、1つの扉に対して、2つの鍵を取り付けて防犯性を向上させるものになります。
こうすることによって、侵入にかかる時間が単純に2倍になります。空き巣犯は侵入に5分以上時間がかかると諦めやすい傾向があるので有効な対策となります。
また、鍵が1個しか付いていない家よりも、鍵が2つ付いている家を嫌がる心理が働くので、ワンドアツーロックにすることにより、そもそも空き巣の対象にならないというメリットがあります。

サムターン回し対策

これは近年でも発生しやすい手口なので対策を検討する必要があるでしょう。

サムターンカバーを取り付ける
手口によって異なってきますが、サムターンカバーがあるだけで一気に防犯性が向上する場合もあります。
さらに、サムターンカバーを取り付けている家庭は、防犯意識の高い家庭ということで、空き巣犯が避ける効果もあるでしょう。
鍵付きのサムターンに交換する
サムターン部分に鍵が付けられた製品に交換することでも、防犯性を高めることができます。

その他の対策

空き巣の手口はピッキングやサムターン回しだけではありません。
無理矢理ドアを壊される場合や自分自身の不注意で戸締まりがしっかりできていない場合にも空き巣に入られることがあるでしょう。

もちろん防犯対策に意識を向けることも大切ですが、そのような心配があるときにはオートロック機能が搭載されている電子錠に交換するのもおすすめです。

狙われやすい家

防犯を考える場合には、空き巣の対象にならないというのも重要になってきます。
ここでは、そのための工夫を紹介しますので、確認してみてください。

ピッキングしやすい鍵が設置されている

ディスクシリンダー錠が特にそうなのですが、このタイプの鍵は、一時期空き巣に集中的に狙われた歴史があります。
そのため、ディスクシリンダータイプの鍵を使っている場合は、早々に対応する必要があるでしょう。

今では、使い古された方法で開けることができてしまい、ピッキングまでの時間は、わずか数十秒程度です。これを踏まえれば、いかに脆弱な状態で放置されているかがわかるのではないでしょうか。

ドアに鍵が1つしか付いていない

鍵が1つしか付いていないドアは、鍵が2つや3つ付いているドアに比べると、明らかに狙われやすいです。
空き巣というのは、犯行の前に周辺の調査をします。その際に、犯行しやすい家をピックアップしています。ドアに1つしか鍵が付いていなければ、狙われる可能性は高くなると言えるでしょう。

暗くて死角が多い

周辺環境についても、空き巣の犯行をサポートしてしまう場合があります。
そのポイントの一つが、暗くて死角が多いことです。死角が多く、暗ければ闇に溶け込んで犯行に及ぶことができますので、空き巣にとってはメリットが大きいです。
さらに、隣の家との距離が離れている場合も同様になります。

留守だと簡単にわかる

留守だと簡単にわかる家は、それだけで空き巣に入ってくださいと言っているようなものです。
カーテンを閉めるだけでも、防犯効果は高まりますので、普段からカーテンを開けっ放しにしているような場合は、すぐに改めるべきでしょう。

ほかにも、郵便ポストにたくさんの郵便物が放置されている場合も留守とわかりやすくなりますので注意してください。

鍵の交換や取り付けは鍵屋に依頼

万が一空き巣に入られてしまった場合や、今後空き巣に入られないような防犯性の高い鍵を設置したい場合も鍵屋にご相談ください。

弊社「キーレスキューサービス」では、そのような鍵の交換や補助錠の取り付けなどに対応しており、出張費や見積もり費用はいただきません。
また、見積もりを出した後も、追加請求などありませんのでご安心ください。

即日対応も可能になっていますので、すぐに交換したい!といった場合でも、迅速に対応いたします。
電話受付は8時から23時まで対応しており、対応エリア内ならば、お客様の元にすぐに駆けつけます。お気軽にご相談くださいませ。

鍵トラブルならキーレスキューサービス

鍵屋キーレスキュースタッフが解決した作業内容ブログ
タップで今すぐ電話