お風呂場の鍵が開かなくなった時の対処法|鍵屋キーレスキュー

鍵屋キーレスキューサービス

全国の鍵のお困りに急行!

0120-201-545

電話受付は8:00~24:00まで

鍵屋キーレスキューサービス

鍵トラブルに迅速対応

ご依頼はフリーダイヤルにお電話を!

0120-201-545

  • 受け付け時間:8:00~24:00
  • 年中無休で現場に急行!

お風呂場の鍵が開かなくなった時の対処法

お風呂場の鍵が開かない!対処法は?

「しまった!お風呂場の鍵が開かない!!」

想像してください…。あなたがお風呂に入っているときに急にドアの鍵が開かなくなってしまったシーンを。

いくらドアノブを回してもいっこうに開きません。
いやむしろ回らない。ポロっと取れてしまったかもしれません。
怖いですよね…、恐ろしいですよね…。一人暮らしだったらなおさらです。

今回は鍵が開かない場面に遭遇したら、いったいどうすればいいのか。
また未然に防ぐためには何をすればいいのか。という対処法をお伝えしたいと思います。

鍵トラブルは鍵屋キーレスキューサービス

お風呂の鍵が開かなくなる原因

お風呂場やトイレは、外側からではなく内側から鍵をかけられるようになっています。鍵が内側に付いているので閉じ込められることはないだろうと思い込んでいる方も多いと思います。
ところが、中に入っている人が鍵を閉めていたところ、いざお風呂から出ようとしたときに鍵が開かずパニックになってしまうことがあります。
特にお風呂場は、急に鍵が開かなくなるトラブルが意外に多いようなのです。
どうしてそうなってしまうのでしょうか。

お風呂場の鍵が開かなくなってしまう原因にはいくつかあります。

ドアの老朽化

まず原因として考えられるのがドアの老朽化です。

長く使い続けているとどうしてもドアノブ自体に変形やガタつきが起こり、ドアノブや鍵が閉まったまま動かなくなることがあるのです。

ドアノブや鍵が錆びている

次に考えられる原因として、お風呂場は湿気が多いため、金属でできているドアノブや鍵の内部にカビや錆が発生しやすくなり、固まってしまったり、ドアノブが取れてしまったりすることでドアが開かなくなる場合があります。

もともとお風呂の鍵は、簡易な造りで内側から簡単に開け閉めできるものが多いのですが、よく使われる割に耐久性はそれほど高くないため意外と壊れやすいところが弱点といえます

内鍵を閉めてしまった

お風呂の内鍵をかけた状態のまま、お風呂場の外に出てドアを閉めてしまったことにより、ドアが開けられなくなるケースもあります。

鍵が開かなくなったときの対処法

万が一お風呂場の鍵が開かなくなった場合の対処法を知っておくことが大切です。

外側から鍵を使う

物理キー

お風呂場のドアが物理キーで開けられるタイプなら、外側から鍵を使って開けましょう。ただ普段から鍵を用いて開け閉めしていなくて、鍵がどこにあるのかわからないという方も少なくないと思います。
鍵はなくさないよう、家族みんながわかりやすい場所に保管しておくことをおすすめします。

非常解錠装置で開ける

非常解錠装置(穴)

非常解錠装置(溝)

お風呂場のドアノブには非常解錠装置が付いている場合があります。
非常解錠装置とは、内側から鍵のかかったドアを、非常時に外側から10円玉やマイナスドライバーなどを用いて簡単に開けることができるもののことで、非常解錠装置は主に2種類あります。

一つ目の非常解錠装置は小さな穴が開いているタイプです。
ドアノブに小さな穴が開いているので、その穴の中にボールペンやヘアピンなど細いものを差し込みます。手応えがあるまで押し込んでみてください。そうすると開けることができます。
なお、ドアノブの横に付いている穴はドアノブをつけたり外したりするための穴なので、差し込む穴を間違えてドアノブを外してしまうことがないよう十分にご注意ください。

二つ目の非常解錠装置は細長い溝があるタイプです。 ドアノブに細長い溝があり、その溝に10円玉などの硬貨やマイナスドライバーをはめ合わせて左右に回します。すると中の鍵も連動して開けることができます。

ラッチボルトを押し込む

ラッチボルト

ドアは横側からラッチボルトと呼ばれるドアとドア枠を仮締めさせる金属で固定する仕組みなのですが、錆などが原因でラッチボルトを上手く回せないことがあります。

ドアとドア枠のすき間からラッチボルトが見えるタイプの鍵の場合は、すき間に入る細さの工具(マイナスドライバーなど)や薄い定規、キャッシュカードなどを差し込んで、ラッチボルトを押し込んで鍵を開けることも可能です。
鍵によってラッチボルトを押し込む方向が違うので確認して行ってください。

対処法を3つご紹介しましたが、いずれの対処法もお風呂場の外側から行う対処法になります。内側から開けるのは難しいのでトラブルにならないための対策が必要です。

また、お風呂場で内側からかける鍵は錆や老朽化で完全に壊れてしまい、いくらこじ開けようとしても人の手では開けられない場合もあります。
自己判断でむやみに動かすとドアやドア枠が壊れ、修理代が高くついてしまうこともあるので、難しそうなら専門業者を呼んで鍵を開けてもらうことをおすすめします。

何か起きてからじゃ困る!普段からできること

トラブルが起こる前に普段からできる対策や鍵の交換時期、折れ戸の調整法などもご紹介します。

スマートフォンを持ち込む

スマートフォン

お風呂場に閉じ込められても、助けを呼んで外側から家族に開けてもらえば外に出ることはできます。 ただし、ひとり暮らしで誰にも気付いてもらえないと、閉じ込められっぱなしになってしまうのが怖いところです。

ひとり暮らしの方は念のため、お風呂場にスマートフォンを持ち込んでおくと緊急トラブルの際に助けを呼ぶことができます。
スマートフォンは専用の防水カバーを付ければお風呂にも持って入れますので、ひとつの対策となるのではないでしょうか。

10年を目安に鍵交換を考える

一般的な鍵の場合、だいたい10年を目安に交換するのが望ましいとされていますが、お風呂場の鍵の場合は、他の鍵と違って湿気による錆やカビが発生しやすくトラブルが起こりやすい鍵であることに間違いないので、使用頻度にもよりますが10年よりも早めに交換しておく方が安心できると思います。

折れ戸を調整する

折れ戸のネジ

よく使用されている折れ戸の調整方法をご紹介します。
必要な道具はプラスドライバーです。

折れ戸の上の方を確認してもらうとネジが付いていると思います。そのネジを緩めます(外れない程度に)。

次にそのネジを下の方に動かしてみると折れ戸の閉まり具合が緩くなります。反対に上の方に動かすと閉まり具合がきつくなります。このようにして調整し終わったら、ネジを締め直します。

今度は折れ戸の下の方を確認してもらうとまた同じようにネジが付いています。先程と同様にネジを外さない程度に緩めてから調整します。上の方に動かすと折れ戸の閉まり具合が緩くなり、反対に下の方に動かすと閉まり具合がきつくなります。こちらも調整が終わったらネジを締め直します。

上部と下部両方の調整が出来ましたら、折れ戸を開け閉めして確認してみてください。 まだきついとか緩くなりすぎたとかある場合は再度ネジを緩めて調整してみましょう。
※ドアのタイプによっては調整ネジが付いている場所や調整方法が異なる場合、またネジにキャップが付いている場合などがありますので、あらかじめ取扱説明書などを確認しておくことをおすすめします。

こんな予兆があったら注意

もし普段お風呂場で鍵の開け閉めをしようとしたときに、少しでもおかしいと感じる瞬間があれば、それは鍵が開かなくなる予兆かもしれないので注意しましょう。

では鍵が開かなくなる可能性のある症状(予兆)をあげていきますのでチェックしてみてください。

  • ドアノブを回すときガタガタする
  • ドアノブの可動範囲が普段と微妙に違う
  • 鍵が回りにくい場合や硬く重い感じがする
  • ラッチボルト(ドアの横側から出てくる金属でドアとドア枠を仮締めするもの)がスムーズに引っ込んだり出てきたりできない

このような場合には錆や老朽化で金属が傷んでいる可能性があります。
どれも顕著に症状が出るのではなく、ごく僅かな違和感というものがほとんどで、少しでも普段と何か違うと感じたら早めに鍵を交換することが大事です。

お風呂の鍵を自分で交換する方法

長年使用してきたからそろそろ交換したいと考えたときや、お風呂の鍵を開け閉めしているうちに何か変だと感じたときに、業者に依頼せずにご自分で交換したいと思われる方もいると思います。

今回はお風呂場の鍵としてよく使われている「チューブラ錠」と「インテグラル錠」の取り外し方とドアノブの取り付け方についてご紹介させていただきます。

準備しておくこと

サイズチェック1

サイズチェック2

まず現在設置されているお風呂場の鍵のサイズを測ってください。

  1. お風呂のドアの厚み
  2. フロント(ドアの横側に付いている金具のサイズ※縦と横の大きさ)
  3. バックセット(ドアノブの中心からドアの端までの距離)

上記のサイズを踏まえてホームセンターなどでドアノブを購入します。
サイズが全く同じであればどちらのメーカーでも交換可能ですが、なるべく付いていたものと同じメーカーに合わせると、より安心して交換できるのではないかと思います。
工具はプラスドライバーをご用意ください。

チューブラ錠の取り外し方

チューブラ錠

  1. チューブラ錠は取り付け用のネジが見えているので、プラスドライバーを使って見えているネジを全て取り外すと、握り玉自体を取り外すことができます。
  2. ドアの横側から見えるフロントと呼ばれる金具のネジを外して、ドアの中に入っている金具を引っこ抜きます。

インテグラル錠の取り外し方

インテグラル錠

  1. お風呂側のドアノブを手で持ち反時計回りに回して取り外します。
  2. プラスドライバーで座金と呼ばれるドアノブの内側にある金具をとめているネジを外し、お風呂側のドアノブを取り外します。
  3. ドアの横側に付いている金具(フロント)をとめているネジを外します。
  4. ドアの中に入っている金具を引っこ抜きます。

ドアノブの取り付け方

レバーハンドル

基本的にチューブラ錠もインテグラル錠も、ご紹介した取り外し方と逆の流れで取り付けることが可能です。

今回はチューブラ錠のレバーハンドルを取り付ける方法をお伝えします。

  1. まずセッティングされたレバーハンドルを分解します。
  2. 取り外し方のところで最後に引っこ抜いた金具と同じものをドアの横側に差し込んでネジで締めます。その際にラッチボルト(ドアとドア枠を仮締めするもの)の向きに注意。ラッチボルトの丸い面が、ドアを開いたときに内側になる方向に向けます。
  3. ドアを開いたときに外側になる方から、芯が付いているレバーハンドルを取り付け、ネジで締めます。
  4. 続いて反対側(内側)の方からもレバーハンドルを取り付けネジ締めします。
  5. 取り付け終わったらドアノブを回してみて、しっかりラッチが連動して動いているか確認します。

交換する際の失敗例

よくある失敗は、替えの部品を購入する際にサイズを測らずに購入してしまって、お風呂のドアと交換部品が合わずに取り付けることができなかったという例です。

他にも強引に交換しようとして壊してしまったなどもよくある失敗例ですので十分気を付けて交換を行うようにしてください。

また交換作業中に誤って閉じ込められることもあるので、ドアが閉まらないように気を付けることもお忘れなく。

まとめ

お風呂の鍵は外見ではなんともないように見えても、中は錆だらけってことが多いのが厄介なところです。
鍵がかかりづらいとか開けづらいという症状が出ているのに、そのまま使い続けていると、あるとき完全に動かなくなってしまう可能性があるので、何か少しでも異変に気付いたら放置せず、すぐ点検や交換をしておきましょう。

お風呂場の鍵まで普段はあまり意識が届かないかもしれません。
しかし閉じ込められてしまったら大変です。

油断せず、お風呂場の鍵も定期的に交換しておくことをおすすめします。
ご自身での交換が難しいようでしたら、私たち鍵屋が交換致しますのでご相談ください。

鍵トラブルならキーレスキューサービス

鍵屋キーレスキュースタッフが解決した作業内容ブログ
タップで今すぐ電話