1,000円引きクーポン配布中! ▶ 詳しくはここをクリック! ◀
【玄関鍵が回らない時】原因や対処法を解説!

ご依頼はフリーダイヤルにお電話を!

0120-201-545

  • 受け付け時間 8:00~23:00
  • 年中無休で現場に急行!
main_tell

【玄関鍵が回らない時】原因や対処法を解説!

更新日:2024/07/01
玄関鍵の不具合!鍵が回らない時の対処法

玄関の鍵はとても精密なものですので、ちょっとした違和感を放置したまま使い続けてしまうと、最終的に鍵が回らないといったトラブルが起きてしまいます。

このような事態に備え、日頃からのメンテナンスや鍵屋の連絡先を把握しておくことも重要です。

この記事では、玄関鍵が回らない原因対処法やってはいけないNG行為について解説します。

緊急ですぐに鍵を修理してほしい方は、下記にお電話いただくと最短即日で弊社のスタッフが駆け付けます。

玄関鍵が回らない・回りにくい原因

原因

まずはどういった不具合によって玄関の鍵が回らなくなっているのかを見ていきましょう。

玄関の鍵はさまざまなトラブルが発生する可能性がありますので、しっかりと原因を確認しておいてください。

また、あらかじめ故障しやすい箇所について知っておけば、故障を未然に防ぐための対策ができるかもしれません。

シリンダー(鍵穴)の不具合

シリンダー

シリンダーは精密な部品になりますので、鍵穴に異物が入ってしまった場合にも不具合は発生します。

異物といっても、ほこりのような小さなものが蓄積されて不具合が発生する可能性があるのです。

また、イタズラで鍵穴に異物を入れられることもあり、思わぬことが原因でシリンダーの不具合が発生することもあるでしょう。

ストライクの位置ズレ

ストライクのネジも緩みます

ラッチボルト(ドア側面にある三角形の金具)やデッドボルト(ドア側面にあるかんぬき)を受ける金具のストライクの位置がずれていることで鍵が回らないことがあります。

ドライバーを使ってビスを緩め、ストライクの位置を調整をした後にビスを締めると鍵が回るかもしれません。

経年劣化

錠前の構造
美和ロック Webサイトより

鍵の耐用年数は10~15年と言われており、経年劣化による錠ケース(ドア側面に掘り込まれている箱状のケース)の故障が原因で子鍵が回らない場合があります。

錠ケースはメンテナンスをすることで直ることもありますが、10年以上使用しているのであれば交換を検討しましょう。

【NG】やってはいけない対処法

NG行為

ここでは、子鍵が回らないときにやってはいけない対処法について解説します。

シリコンスプレーを使用

シリコンスプレー

鍵穴に潤滑剤を差し込むのは効果的ですが、それはあくまでも鍵穴専用の潤滑剤になります。

鍵穴専用以外の油をさすのはやめましょう。

食用油などはもちろんですが、クレ556(呉工業のドライファストルブであれば使用可)なども同様です。

食用油などを使用するとほこりが鍵穴内で付着しやすくなり、油とほこりが固まることで鍵穴に詰まり、鍵が回らなくなることが考えられるのです。

水分がある状態で鍵穴専用潤滑剤を使用

水滴

鍵穴専用潤滑油を使う場合であっても、子鍵鍵穴に水分がある状態では注入してはいけません

水分が残っている状態で吹き付けてしまうと、潤滑剤の効果がないばかりか、鍵穴内部のゴミやホコリが固形化して詰まってしまう可能性があるので注意しましょう。

子鍵やシリンダーが濡れているときは柔らかい布で水分を拭き取りましょう。

玄関鍵が回らないときの対処法

締め出しに遭わないための対策

以下では、玄関鍵が回らないときの対処法について解説します。

スペアキーを使用

スペアキー

スペアキーを使用して開くようであれば、普段使っている子鍵が原因になります。

逆に、スペアキーでも鍵が回らない場合はシリンダー錠ケースが故障している可能性があります。

もしもの時に備えて、スペアキーを作成しておきましょう。

ただし、防犯性能の高いディンプルキーのスペアキー作成は鍵屋に依頼しても断られることがあります。

現在使っている鍵のメーカーサイトや、メーカー代理店でスペアキーの注文を推奨します。

鍵穴の汚れを掃除

鍵穴の中を掃除

鍵穴が汚れていればエアダスター掃除機を使ってチリやホコリを取り除きましょう。

エアダスターは持っていない家庭もあると思いますので、その場合は掃除機がおすすめです。

エアダスターの代わりとしては、自転車の空気入れもおすすめです。

また、子鍵の汚れでも鍵が回らなくなる可能性があるので、歯ブラシなどの柔らかいもので汚れを落としましょう。

ワイヤーブラシなどの硬いもので磨いてしまうと、子鍵に傷が付いてしまうことがあるので注意が必要です。

鍵穴専用の潤滑剤を使用

鍵穴専用潤滑剤

鍵穴専用潤滑剤を鍵穴に注入することで鍵の動きがスムーズになり、子鍵が回る場合があります。

鍵穴専用潤滑剤は修理の意味合いだけではなく、メンテナンスの意味合いもあります。

日頃から定期的に鍵専用の潤滑油を塗布しておけば、不具合が発生する可能性は減ります。

先述した通り、あくまでも鍵穴専用の潤滑油を使用するということが重要です。

鉛筆で子鍵をなぞる

鉛筆の芯を塗りこむ

鍵専用潤滑油の他には、鉛筆などを利用するのもおすすめです。

鉛筆には黒鉛が含まれていて、黒鉛には金属同士の接触をスムーズにし、滑らかにする特徴があります。

使用する際は2B以上の鉛筆をおすすめします。

鍵穴が凍結していれば解凍

ドライヤー

意外な盲点としては、鍵穴が凍結している可能性があるということです。

鍵穴は、結露などによって水分が付着してしまうことがあります。

この状況で、外気温が下がってくると、凍結が発生する可能性があります。

特に雪の降る地域では、吹雪で雪が鍵穴に吹き込んで、そのまま凍結してしまいます

凍結を解凍するためには、ドライヤーなどを使うと良いでしょう。

ドライヤーなどが手元にない場合はカイロを使って温めるだけでも溶けることがあります。

基本的に凍結といっても、一部に水滴が付いて凍っていることがほとんどなので、少しの熱で簡単に解凍できることが多いです。

シリンダーのビスを締め直す

ドライバー

長年の使用によって、シリンダーのビスが緩むこともあります。

シリンダーが浮いているように感じたら、ドライバーを使ってビスを締め直すことによっても改善する可能性があるでしょう。

シリンダーや錠ケースを洗浄

シリンダーと錠ケースの洗浄

シリンダーや錠ケースを分解してから洗浄し、鍵穴専用潤滑剤を注入する方法があります。

しかし、DIYでの作業に慣れていない人は分解後に元の状態に戻せない、ということもあるので不安な方は豊富な知識を持った鍵屋のキーレスキューにお任せください。

家や建物の鍵修理料金は8,800円~になります。

鍵が回らない場合は交換を検討

フロントプレートを外す

シリンダー内部の汚れが原因で鍵が回らない場合はメンテナンスをすることで鍵が回ることがあります。

しかし、経年劣化によるシリンダーの内部部品の摩耗損傷はメンテナンスでは直すことができません

鍵を10年以上使用していると、どうしても動作不良が起きてしまいます。

急に子鍵が回らなくなるトラブルを避けるためにも、シリンダーの交換を検討しましょう。

対処が難しけれはキーレスキューサービスに依頼

鍵屋さんのイメージ

ここまで玄関の鍵が回らない場合のさまざまな対処法を紹介しました。

しかし、時間がない場合や対処法を実践しても直らなかった、といったこともあるのではないでしょうか。

そのようなときは、鍵の専門家である弊社KRS(キーレスキューサービス)にご依頼ください。

出張費無料(緊急時のキャンセル以外)・見積もりも無料なので、安心して依頼していただけます。

8:00~23:00まで電話受付可能になっており、施工は夜間早朝でも対応できますので、どうしても帰宅が遅くなるというお客様に対してもアプローチが可能です。

さらに、1年間の無料工事保証無償商品保証のアフターサービスが付いてきます(※保証適用の詳細については弊社保証基準に拠るものとします)。

対応エリア内ならすぐに駆け付けることも可能で、なるべくお客様の不具合をスピーディーに解決するように努力いたします。

まずはお気軽にご連絡ください。

Copyright©鍵開けや鍵交換、鍵紛失トラブルなら鍵屋キーレスキューサービスへ,All rights Reserved.

topへ戻る

メールで問い合わせる